The PDR logo

外科・人工関節デザイン

1998年以来、患者専用手術器具の研究・デザインの支援を行っています。外科および義肢デザインの理念は、医療専門家と幅広い関係者の協力のもと、リスクを軽減し、また定期的な科学的レビューに基づき、使い勝手の良い医療認可された患者専用器具の研究、デザイン、開発を支援することです。

EPSRC / イノベートUK

デザイン主導の効率的な患者治療のための添加剤製造

£963,000

ブリティッシュ・カウンシル・ニュートン基金

健康への平等なアクセスを実現: 新しいデザイン技術の採用

£42,000

英国・インド教育研究イニシアチブ

キングジョージ大学との交流

£44,000

コラボレーション

外科および義肢デザインの理念は、医療専門家と幅広い関係者の協力のもと、リスクを軽減し、また定期的な科学的レビューに基づき、使い勝手の良い医療認可された患者専用器具の研究、デザイン、開発を支援することです。この分野で最も影響力のある組織と協力し、世界をリードするソリューションを提供しています。

研究・支援

コラボレーションへの取り組みにより、研究室、シアター、デバイス生産環境における現実の制約に対する独自のインサイトを提供しています。弊社の設計エンジニアと研究者チームは、日常的にヘルスケアの環境に身を置くことにより、課題を直接学んでいます。この独自の専門知識の融合により、医療処置や機器製造の生産での予測可能性、精度、安全性、効率性を向上させる実用的で効果的、かつ信頼性の高い設計ソリューションを実現することができます。

ドミニク・エッグビール教授の率いるPDRの外科および義肢デザイン研究グループ。教授は、医療分野でのデザインエンジニアリング技術の開発を通じて、健康や福祉の向上に取り組んでいます。ドミニク教授はクリエイティブな問題解決者として20年もの間貢献しており、研究成果、デザインエンジニアリングプロジェクト、ワークショップ、商業サービスなどの幅広いポートフォリオを開発してきました。この研究には、様々なUKRI、慈善団体、政府機関を通して資金が提供されています。ドミニク教授は、カーディフ・メトロポリタン大学PDRの外科および義肢デザインチームの責任者であることに加えて、スウォンジー・ベイ大学保健局のデザインおよび研究コンサルタントとして名誉な地位を得ています。

ドミニク教授の研究成果はこちらからご覧いただけます。XX

ご連絡ください

お問い合わせ先